メールアドレス

30代OLとメールしたい?熟女OLとメールする方法はこちらをクリック

注目の投稿

画像あり。Windows MeでフルHD(1920×1080)表示はできるのか?実際に試してみた。『萌えガク日記』

機会があって、知り合いの人から古いデスクトップパソコンを借りました。 そのデスクトップパソコンにインストールされているOSは、懐かしの Windows Me !! Windows Meが発売されたのは2000年9月ですが、今回借りたデスクトップパソコンはそれより古い199...

2013年12月22日日曜日

古いHDDを1TBに容量アップする方法とは?外付けUSB HDDをRAID0構成にしてみた『萌えガク日記』

■記憶容量が少ない古い複数のHDDを一つのストレージプールにまとめて、1TBの記憶容量にしてみました。NAME欄にある「futukabl2」のSIZEに注目。928GBとなっています。↓




FreeBSDの派生ディストリビューション PC-BSD 9.2というOSを使っていますが、そのOSがインストールされているHDDの容量はわずか40GB。

高画質な画像や動画など保存をしているとすぐに容量不足に陥ってしまう容量なので、わたしの場合ファイルはすべて外付けのUSB HDDへ保存しています。(ローカルディスクの容量に余裕があっても、基本的に個人ファイルは外付けのUSB HDDに保存するようにしていますが)


USB HDDのほうはローカルHDDよりも容量が大きいとはいえファイルは毎日溜まっていくので、いずれ容量が足りなくなってしま。
というわけで、PC-BSD9.2で外付けUSB HDDをストライプ構成にしてみました。

ストライプ構成は、複数のHDDを一つのストレージとして扱い記憶容量を増やす方法です。
たとえば2台の500GBのHDDをストライピングした場合、PC-BSD上では500GB×2台となってトータル1TBのストレージとして扱えるようになり、使わなくなった低容量のHDDを利用したいときには有効な手段かもしれないです。




■PC-BSD 9.2でUSB HDDをストライプ構成にする設定方法。

環境としては、500GBのSATA HDDを2台使用し、その2台のHDDをUSB接続のHDDケースに入れて別々のUSBポートに接続ということになります。


また、下のコマンドは「da1」「da2」というHDD構成で「futukabl2」(センスがない 汗)という名前のストレージプールを作成する場合の方法です。
HDD構成やストレージプール名などはご自身のPC環境に合わせてコマンドを入力することになります。

# zpool create futukabl2 da1 da2



上のコマンドを入力すると、500GBx2台のトータル1TBの容量をもつストレージプールがroot直下に作成されます。


今回は2台のHDDを使用しましたが、2台以上のHDDをストライピングすることもできるので、たとえば100GBのHDD 10台を一つのストレージプールとして1TBにすることもでき、またそれぞれのHDDの容量が中途半端に残るということも回避できます。

試したことはないけれど、おそらくUSBメモリでもストライプ構成ができると思います。


最後にKDEの標準ファイルマネージャー Dolphinでストレージプールの容量を確認してみました。↓



これで、当分は容量不足に悩まされることはなさそうです。


☆外出先のPCから
☆ケータイから
==>>>「萌えガク」と検索。
または、
==>>>「futukabl」と検索。
このブログが見つかります。

0 件のコメント:

コメントを投稿